トップ / ダイエットと黄体期の関係

ダイエットと黄体期の関係

女性のダイエット時期

ホルモンバランス

女性のダイエットに不向きな時期

ダイエットをして、常に自分の理想の体型を維持しようというのはどの年代の女性にとっても共通のテーマでしょう。しかし、女性の場合はホルモンバランスにより、減量には向かない時期があります。それは黄体期という、排卵の後の生理までの時期です。大体、生理の予定日の14日前くらい体と覚えておけばよいでしょう。この時期は体がむくみやすくなったり、いらいらしたりしやすい時期です。体重が増えやすい時期です。ダイエットには向きません。この向かない時期に無理の減量をしようとしても、結果がなかなかともなわないのでイライラの原因になり、やけ食いをしてしまうかもしれません。この黄体期の減量はしないほうがよいでしょう。

女性が痩せるために最適な時期

女性のダイエットにはホルモンバランスが大きく関係してきます。同じように食事制限や運動をしていても、効果が出やすい時期とでにくい時期があるのです。女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンがあり、エストロゲンが多く分泌されている卵胞期はやせやすく、プロゲステロンが多い黄体期はやせにくいため、ダイエットには向かない時期といえます。卵胞期は生理が終わってから排卵までの間なので、この時期は比較的結果が出やすいといえます。反対に黄体期はむくみやすく、疲れやすくイライラしやすい時期なので、無理をしないほうがよいです。

↑PAGE TOP

© Copyright ダイエットと女性ホルモンの関係. All rights reserved.